Skip to content(本文へジャンプ)

PEOPLE社員紹介

  • システム
  • システム開発運用部 課長
  • A.IIIZUMI

ヒューマンテクノロジーズに入社するまでの経緯を教えてください。

農大出身なので、植物に関わる仕事がしたいと思っていました。就活をしていた頃は屋上緑化が流行っていて、工場の屋根などに芝生を植える事業を行っている会社に入社しましたが、あまり楽しさを感じられませんでした。基本的には価格競争で決まる業界で、現実を思い知りました。

それで転職を決めましたが、手に職をつけたかったので、未経験からできるエンジニアの仕事を探しました。パソコンをガチャガチャ叩いている姿がかっこいいなってイメージがあったんです。そうしたら、当社で働いている兄が「うちで働いたら?」って声をかけてくれました。

私はヒューマンテクノロジーズ最初の未経験エンジニアなんですよ。当時は社員が10人ちょっとしかいなくて、研修もなかったので、T.ITOIと兄に教えてもらいながら独学で覚えていきました。入社した当時は兄の存在が頼もしかったんですけど、今はちょっとやりにくいところも感じています(笑)。

正直、最初は「経験をつける」という意味で、2年ぐらいやって転職してもいいかなくらいの気持ちだったんですよ。でも結局9年もいて、今ではかなりの古巣メンバーです。それだけ居心地は良いってことですね。

現在の仕事を教えてください。

1年前に「KING OF TIME」開発部門のマネージャーになりました。メンバーは20人ほどいます。今はプロジェクトマネージャーとして「KING OF TIME」の開発を進めてています。また、チームが働きやすい環境をつくるために何をすべきかを考えたりもしています。自分でコードを書く時間があまりなくなってしまったのが、ちょっと寂しいですね。

入社後のキャリアで、印象的だった仕事をエピソード交えて教えてください。

エンジニアとして自信が持てるようになったのは、2014年頃に「KING OF TIME」のWeb版のタイムレコーダー機能開発を一人で任せてもらったことです。その頃はHTML5が話題になっていた時期で、当時のブラウザの新しい機能を調べて利用してみました。未だにお客さんが使ってくれていますし、この機能を導入の理由に挙げてくれている方もいて、すごく嬉しいですね。

元々、人に何かをお願いするのが苦手な性格で、マネージャーになってからもそれは変わっていません。メンバーはできる人たちだとわかっていますが、最初は説明が大変なところが頭をよぎってしまい「だったら自分でやっちゃえ」と思ってしまうところがありました。まだその癖は抜け切れてないんですけど、それだと自分がしんどいんですよね。メンバーにお願いするようにしてみると、かんたんな説明でも先回りして動いてくれるんですね。メンバーへの信頼感が上がったし、すごく助かっています。

今後の目標は?

開発者として働きやすい環境を作っていきたいです。そのためにどんな環境が必要なのか、ずっと考えています。チームメンバーはサテライトオフィスにいたり、海外にいたりと、働く場所がバラバラなんですよ。仲は良いですし、昼会を一日一回やって共有もしていますが、コミュニケーションの部分で何かしら根本的な取り組みが必要だと感じています。

仕事面では、提案や意見、悩みごとが言いやすいチームにしたいですね。協力会社さんの割合が増えてきているぶん、言いにくくなってしまっているところもあるのかなと思っています。なるべくフラットな空気を作っていかなければいけないし、そこをどう吸い上げるのかは今後の課題ですね。

マネージャーになって約1年が経ちますが、まだマネージャーとしての仕事ができているって感覚はないんです。俯瞰してメンバーを見なければいけないのが難しいですね。まだまだこれからですが、働きやすい環境や意見が出やすい環境をつくっていければ、そこには大きなやりがいがあるのかなと思っています。

A.IIIZUMI

応募者へのメッセージ

仕事に関することでも、関係ないことでもいいんですけど、気軽に意見を言ってくれる人がメンバーにいるといいなと思います。マネージャーとして、いろいろ改善したいと思って動いているんですけど、それが正しいとは限りません。どんな立場であれ、間違っているときはそう言って欲しいですね。

それに、自分が学んだスキルや使ってみたい技術など、そういう熱意は通る環境だと思います。たとえば「GitHub」を導入したきっかけはメンバーからの提案でしたし、やりたいっていう意見は採用されやすい。積極的に意見を発信できる人にとって、良い環境なのではと思います。

プライベート

残業はほぼなくて、多い月で20時間ぐらい。帰宅後は、漫画を読んだりテレビを見たりもしますが、家では家族と過ごすことが多いですね。休日は息子と近所の公園に行って、虫取りをしています。息子はカブトムシやクワガタが好きで、取った虫の名前を教えてあげるとテンションが上がります。僕は農大で昆虫の勉強をしていたので、虫好きな子に育ってくれて嬉しいですね。

社員一覧

  • A.IIIZUMI
    • システム
    • システム開発運用部 課長
    • A.IIIZUMI
  • T.ITOI
    • システム
    • システム開発運用部 部長
    • T.ITOI
  • A.IMAMURA
    • システム
    • システム開発運用部
    • A.IMAMURA
  • T.TSUKUDA
    • システム
    • システム開発運用部 主任
    • T.TSUKUDA
  • H.NAKATAKE
    • システム
    • システム開発運用部 主任
    • H.NAKATAKE
  • T.OBARA
    • サービス
    • 事業推進部プロジェクト部 課長
    • T.OBARA
  • A.KODAMA
    • サポート
    • カスタマーコンサルテーション部 課長
    • A.KODAMA
  • M.SATO
    • サポート
    • カスタマーコンサルテーション部
    • M.SATO
  • S.SHISHIDO
    • サポート
    • カスタマーコンサルテーション部 課長
    • S.SHISHIDO
  • sekikawa
    • サポート
    • カスタマーコンサルテーション部
    • K.SEKIKAWA
  • K.IESAKI
    • セールス
    • チャネル開発部 部長
    • K.IESAKI
  • S.HASUTANI
    • セールス
    • チャネル開発部 主任
    • S.HASUTANI
  1. ホーム
  2. 社員紹介
  3. 社員紹介 A.IIIZUMI