Skip to content(本文へジャンプ)

PEOPLE社員紹介

  • システム
  • システム開発運用部
  • A.IMAMURA

ヒューマンテクノロジーズに入社するまでの経緯を教えてください。

2017年4月にヒューマンテクノロジーズ初の新卒社員として入社しました。大学は外国語学部で中国語を学んでいて、システムの勉強をしているわけではありませんでしたが、就活では主にシステム系の会社を志望していました。手に職をつけたかったのと、今後AIが発達した時に生き残っていけるのは、AIを作る側なのかなという思いもあったからです。

数ある会社の中からヒューマンテクノロジーズを選んだのは、第一に自社開発であることと、第二に利益を従業員数で割ったときの生産性の高さです。あとは会社説明会でお話をした社員の皆さんが生き生きしていると感じたことも決め手になりました。勤怠管理自体には特別な興味はなかったのですが、シェアナンバーワンというところには強く惹かれましたね。

現在の仕事を教えてください。

「KING OF TIME」の開発チームで、主に新機能の開発や既存機能の改修を行っています。

プログラミングの勉強は大学4年生になってから始めて、入社して最初の2カ月間は外部のプログラミング研修にも参加し、他の会社の新入社員とともに、Javaを中心に学びました。社外の研修が終わってからは、今度は社内で自社製品について学ぶ期間を1カ月間ほど設けてもらい、7月から「KING OF TIME」の開発チームに配属され、本格的な業務に参加するようになりました。

仕事の進め方は各自自由で、たとえば先に仕様書を作ってから開発をする人もいれば、開発を先に進めながら仕様書を詰めていく人もいます。自分に合ったやり方で仕事ができるわけです。ちなみに僕は、実際に動かしてみた方が安心するので、最初にプロトタイプを作って、その後にドキュメントを詰めていくような感じでやっています。

入社後のキャリアで、印象的だった仕事をエピソード交えて教えてください。

最初に担当したのは、新しい打刻機器と「KING OF TIME」の連携です。デビュー戦にしてうまくできて、良い経験になったなと思います。新機能の開発に携われるのはモチベーションが上がるし、魅力的ですよね。自分が作ったものが思い通りに動いた時は嬉しいし、それが世に出たときにはさらにやりがいを感じます。

わからないところは自分で調べたり、先輩に教えてもらったりしながらなんとかやっています。初めての新卒ということもあって、先輩は気にかけてくれているし、かわいがってもらっているのを感じています。最初の頃は肩に力が入っていて空回りしているところもあったかもしれませんが、半年ぐらい経った頃にはだいぶ慣れて、打ち解けられたかなと思います。一緒にお昼ご飯に行ったり、仕事が終わってからは一緒にゲームをしたりして、話す機会が増えました。仕事中も雑談が多くて、穏やかな雰囲気の中で仕事をしています。気軽に話せるようになって、業務に関する質問もしやすくなりましたね。

今後の目標は?

技術力がまだまだ足りないので、もっと難易度の高い案件を先輩の助けなしでできるようになりたいです。
Javaを深掘りするのはもちろん、新しい技術や言語も取り入れていけるように勉強していきたいと思います。また、今後は自分が先輩として後輩をサポートできるような存在になることも大きな目標の一つです。というのも、昨年4月に3人の新卒社員が入ってきたんです。彼らに負けないように、頑張っていきたいですね。

A.IMAMURA

応募者へのメッセージ

実際に働いてみて、就活中に描いていたイメージとのギャップはまったくありません。人間関係は思った以上に良いし、本当に良い環境で働けているなと思います。働き方も事前に聞いていた通りで、予定していたタスクが終わらない時はもちろん残業をしますけど、基本は定時で帰っています。もちろん、上司がまだ席にいるから帰れない、なんてこともありません。

学生時代の同級生の中には、入社一年も持たずに、すでに会社を辞めてしまっている人もいるんですよね。そういう人の話を聞いていると、自分が恵まれているのを感じます。オンとオフをしっかり分けられる労働環境があって、「僕はこの仕事をやっているぞ」って思えるような仕事を1年目から任せてもらえている。その分、責任は伴いますが、1年目から多くの経験を積ませてもらえることは本当にありがたいと思います。

プライベート

プライベート

仕事が終わってからは、家に帰って会社の先輩と一緒にPCのオンラインゲームで遊ぶことが多いですね。業務中にわからないところがあれば、家で調べてサンプルコードを書いてみながら勉強をしたりもしています。できなかったことができるようになるのが楽しいんです。

土日は彼女とおいしいものをよく食べに行きますね。彼女もプログラミングをしているので、今度一緒に開発をしようなんて話もしています。

社員一覧

  • A.IMAMURA
    • システム
    • システム開発運用部
    • A.IMAMURA
  • A.IIIZUMI
    • システム
    • システム開発運用部 課長
    • A.IIIZUMI
  • T.ITOI
    • システム
    • システム開発運用部 部長
    • T.ITOI
  • T.TSUKUDA
    • システム
    • システム開発運用部 主任
    • T.TSUKUDA
  • H.NAKATAKE
    • システム
    • システム開発運用部 主任
    • H.NAKATAKE
  • T.OBARA
    • サービス
    • 事業推進部プロジェクト部 課長
    • T.OBARA
  • Y.HORIKOSHI
    • サービス
    • サービスデザイン部
    • Y.HORIKOSHI
  • A.KODAMA
    • サポート
    • カスタマーコンサルテーション部 課長
    • A.KODAMA
  • M.SATO
    • サポート
    • カスタマーコンサルテーション部
    • M.SATO
  • S.SHISHIDO
    • サポート
    • カスタマーコンサルテーション部 課長
    • S.SHISHIDO
  • sekikawa
    • サポート
    • カスタマーコンサルテーション部
    • K.SEKIKAWA
  • K.IESAKI
    • セールス
    • チャネル開発部 部長
    • K.IESAKI
  • S.HASUTANI
    • セールス
    • チャネル開発部 主任
    • S.HASUTANI
  1. ホーム
  2. 社員紹介
  3. 社員紹介 A.IMAMURA