Skip to content(本文へジャンプ)

PEOPLE社員紹介

  • システム
  • システム運用部 部長
  • T.ITOI

ヒューマンテクノロジーズへジョインするまでの経緯を教えてください。

父がオーディオマニアで、スピーカーやアンプを作るような家で育ったこともあって、小学生のうちから BASIC でプログラミングを始めるなど、自然と「ものづくり」に親しむようになりました。

そんな父は建築の教授でもあり、やはり多分に影響を受けたのでしょう。大学は建築学科へと進み、順当に新卒でゼネコンに就職しました。そこでは、阪神淡路大震災の復興事業に従事。使命感もあって、月の残業時間が 200h を越えるハードワークに勤しんだものです。しかし、さすがにそれは長くは続かず、一年あまりで退職に至りました。

そこで頭に浮かんだのが、小学生の頃から触れてきたコンピュータを仕事にするということ。つまり、ソフトウェア開発の道だったのです。孫請けSIerにてPOSシステム、コンシューマ向けソフトハウスにて印刷用アプリケーション、スタートアップにて中国向けIP電話アプリと、様々な開発形態・手法を経験した後、IP電話アプリをともに開発していた一人と、「KING OF TIME」を開発したのが2004年頃のことです。

現在に至るまで、やりがいを感じた仕事のエピソードを教えてください。

「KING OF TIME」は、もともと携帯電話販売会社向けに作った勤怠管理ソフトでしたが、「これは外販できるんじゃないか」という可能性が出発点でした。この時点で「指紋認証による本人確認」「クラウド」という、他社にはない優位性を2つも備えていました。

ウェブマーケティングが軌道に乗るまでは、エンジニアもテレアポするなど営業に悪戦苦闘していましたが、「売れる」という確信だけはあったので何も心配はしていませんでした。それに「必要なのにまだ世の中にない便利なものを、仲間とともに作る」というのは、「ものづくり」における最高の醍醐味でしょう。シェアナンバーワンになった今でも、その想いは一切変わりません。

また、私自身、IT業界で様々な経験をする中で、時には過酷な労働現場を見てきました。でも、それを「あたりまえ」にしてはいけませんよね。そのアンチテーゼではありませんが、ヒューマンテクノロジーズという会社は、「悪習を覆したい、エンジニアが残業なしで最大限の成果を出せる環境を作りたい」という私たちのチャレンジでもあったのです。

現在の仕事を教えてください。

現在は、システム運用部の部長として、「人と組織」作りというかたちで「ものづくり」に携わっています。具体的には、新規事業やシステム方向性の舵取り、セキュリティ事業のマネジメント、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の取得、社内システムやインフラを運用する情報シス部門的な役割、採用方針の策定、サテライトオフィスや在宅勤務、フレックスを含む、働きがいのある環境づくりといったところです。

T.ITOI

エンジニアがほぼ定時で上がれる秘密について教えてください。

まずは、なんといっても「適材適所」。やらなくてはならないことのうち、ある人に向いていて、やりたいことがあれば、優先してやってもらうようにしています。そういうアサインが柔軟に実現できるのが自社プロダクトを持っている強みでもあります。エンジニアの「知的好奇心」に勝るモチベーションドライバはありませんから。

一方、もちろん「適材適所」だけでは、埋まらないタスクもあります。ですから、それを拾う人には別のかたち、つまり、評価なり給与なりで報いるようにしています。持ちつ持たれつ補完し合う「仲間への貢献」も欠かせない要素なのです。それでも、こぼれたタスクのしわ寄せがいきそうなリーダーでさえ、月間残業時間10h以内で収まってはいます。

これらの前提となるのが、タスクの「見積り精度」です。精度を上げる方法は、担当者との密なコミュニケーション以外にはありません。なので、ヒューマンテクノロジーズでは、雑談を推奨しています。雑談からアイディアが生まれたり、議論のための議論ではなく、本質的な議論につながったりすることが多いためです。

そして、先行逃げ切り型の「前倒し」が私たちの文化になっているというのも大きいと思っています。「KING OF TIME」は、リリースが4カ月に1回なのですが、ロングスパンだからといってのんびり構えるのではなく、早い段階にリスクを潰して、かたちにして、お客様に近いサポート部隊に試してもらって、本当に役立つものを作る、という考え方が浸透しているのです。

最後に、エンジニアがノー残業で退社することでどんな良い効果が感じられますか?

早く帰るようになると、まず生産性があがります。やはりリセットの時間が取れると、翌日の活力が段違い。個人的には会社を出てから次の仕事まで12時間以上空けるとうまくリセットできて、新しい観点で仕事に取り組めるので問題点の発見や、斬新な提案に寄与する気がします。

そしてエンジニアは、空いた時間に趣味に打ち込むのはもちろんですが、勉強する生き物なんです(笑)。各種勉強会にもどんどん参加して欲しいので、参加費を負担したり、業務時間として扱ったりなどのサポートもしています。

応募者へのメッセージ

ヒューマンテクノロジーズでは、エンジニアを自立した、自律型人間としてとらえます。実際、進捗管理もしませんし、細かい仕様も提示しませんから、管理されることに慣れている方は、「何をやればいいのかわからない」と戸惑うかもしれません。

逆に、これまで「自分が提案したことが通らない」という経験が多くて悔しい想いをした方は、「自分で考えて、自分で作る」というエンジニアの醍醐味を味わえるはずです。

私は、真のマーケットインとは、「お客様に言われたものを作る」ではなく、「お客様の期待を超えるものを作る」だと思っており、その点、ヒューマンテクノロジーズは、お客様の声をダイレクトに反映していくことができる組織体制のもとで、その理想を具現化できる環境だと確信しています。

プライベート

プライベート

実は私はヒューマンテクノロジーズの育休取得者第一号。当時は忙しい時期で心苦しかったのですが、これからの組織を考えたら身をもって示すべきだろうと、断行した覚えがあります。おかげで、社内のイクメンへの抵抗感はだいぶ軽減できたかと。また、個人的にも自分ひとりで仕事を抱え込むのではなく、バックアップを置くような仕事の進め方を覚えたと思っています。

中学高校とクラシックのピアノとクラリネットをやっていましたが、現在はロックバンドでギターを弾いています。ヒューマンテクノロジーズの忘年会の余興のバンドでもベースを担当しました。最近ハマっていることは、DIYによる自宅の改装。ウッドデッキを張り替えたり、自転車の小屋を作ったりしています。

社員一覧

  • T.ITOI
    • システム
    • システム運用部 部長
    • T.ITOI
  • K.IESAKI
    • セールス
    • チャネル開発部 部長
    • K.IESAKI
  • Y.HORIKOSHI
    • システム
    • システム運用部 UX/UIデザイナー
    • Y.HORIKOSHI
  1. ホーム
  2. 社員紹介
  3. 社員紹介 T.ITOI