Skip to content(本文へジャンプ)

PEOPLE社員紹介

  • システム
  • システム運用部 UX/UIデザイナー
  • Y.HORIKOSHI

ヒューマンテクノロジーズに入社するまでの経緯を教えてください。

美大を卒業後、広告制作企業を経て、ブラウザゲームの開発をしている会社で約4年半、UIデザイナーとして勤務していました。ゲームは好きだし、やりがいも感じていたのですが、ゲームは早いものだと1年ぐらいでサービスがクローズしてしまうんです。せっかく頑張ってデザインしたのに……という、寂しさと悔しさがあって。それで、もっと息の長いサービスに関わりたいと思うようになったことが、転職を考えたきっかけです。

勤怠サービスはこれまでまったく馴染みがなく、当社のことも正直知りませんでしたが、勤怠は誰にとっても身近なものです。それに「KING OF TIME」は多くの企業に長期的に使われているサービス。長くサービスに携われる点に魅力に感じて、応募を決めました。前職より給与の条件が良かったこと、昇進昇格の制度が整っていて、上を目指せそうだと感じたことも大きかったですね。

現在の仕事を教えてください。

入社してからはずっと、シフト管理に関する新サービスのUIデザインを担当しています。エンジニアが作ったベースの枠組みを入社と同時に引き継ぎ、色や配置、装飾を試行錯誤するなど、日々改善を重ねています。

UI/UXにおいて、ゲームの場合は派手で目立つことが求められたのですが、勤怠サービスは「誰でも操作がしやすいような、シンプルでフラットなデザイン」が重視されます。多くの人の意見を聞くことが大切なので、ある程度でき上がったらユーザーテストを行なって、被験者の方から意見をいただいては改善を進めています。

前職では社内ですべて完結していたので、ユーザーテストの進行は初めての経験。被験者の方の中にはパソコンの操作に慣れていない方もいて、思った以上に使い方を理解してもらうのは大変です。自分のイメージと被験者の方のフィードバックに乖離があることも多くて、「誰にとっても分かりやすいデザイン」を実現する難しさを実感しています。

やりがいを感じた仕事のエピソードを教えてください。

新サービスのデザインを組む上で苦労したのは、「いかに画面をコンパクトにまとめるか」という点です。プロダクトオーナーからの要求を取り入れつつも、ボタンや文字が多くなり過ぎてしまうと、操作がわかりづらくなり、使いにくくなってしまう。そこを試行錯誤しながら調整して、うまく要求とUI/UXを両立させられたときは、「すぱっとハマった」感があり、すごくやりがいを感じます。

前職では10人近くのデザイナーがいましたが、ヒューマンテクノロジーズでは、最近まで専任のデザイナーは私一人だったんです。最初は不安な気持ちもありましたが、一方では自分が主体となってデザインができる。プレッシャーだけど、同時に面白くもあります。周りの人の力を借りながらですが、ようやく新サービスのデザインが完成した今、「一人でもここまでできたんだ!」という達成感は大きいですね。

Y.HORIKOSHI

今後の目標は?

英語を習得して、海外のチームメンバーと積極的にコミュニケーションを取れるようになることが目標です。チーム内には海外のメンバーが2人いて、ミーティングは英語。私は英語が全然わからない状態で入社をしましたが、今年からオンラインの英会話を始めて、週に約4回、仕事後にレッスンを受けています。

以前は話しかけられても返答に詰まってばかりでしたが、今は少なくとも自分の意思は伝えられるようになりました。文法や細かいことは無視して、覚えたフレーズや思いついた単語をつなげるレベルですけどね。それぞれの国のデザインに興味があるので、英語で議論ができるようになれたらいいなと思っています。

応募者へのメッセージ

スケジュールを合わせるために残業や徹夜をするのは、デザイナーやエンジニアにはよくある話。でも当社では、そういうことは一切ありません。無理して帳尻を合わせるのではなく、「厳しそうならスケジュールを見直す」という考え方。事前に聞いていた通り、本当に残業は少ないです。

勤怠サービスを提供している会社だから、お堅い社風で、スケジュールもキッチリしているのかと思っていたんです(笑)。でも、かなり柔軟で、良い意味で印象が違いました。社員もフレンドリーで優しい人が多くて、いつも助けられています。わからないことは皆さん気軽に教えてくれるので、業界経験がなくても大丈夫です。

私が一緒に働きたいなと思うのは、自分で目標を持って、積極的に勉強ができる人。デザイナーの人数が少ない中でどれだけトレンドを追っていけるのかは、私の今後の課題でもあります。お互い刺激を与え合って、新しい情報を得ることができるような関係性が持てるとすごく嬉しいですね。

プライベート

プライベート

ゲーム制作の現場からは離れましたけど、ゲームは今でも好きで、最近では夫と一緒に自宅でコントローラーを握りしめて遊んでいます。

一方では外に出ることも好きで、休日は家族でよくドライブをします。道の駅を巡ることが多いですね。場所ごとに特色があって面白いんです。つい先日は千葉県のさつまいもが有名な「くりもと」という道の駅に行って、いろいろな種類のさつまいもを買って、家で焼き芋にして食べ比べをしました。

社員一覧

  • Y.HORIKOSHI
    • システム
    • システム運用部 UX/UIデザイナー
    • Y.HORIKOSHI
  • K.IESAKI
    • セールス
    • チャネル開発部 部長
    • K.IESAKI
  • T.ITOI
    • システム
    • システム運用部 部長
    • T.ITOI
  1. ホーム
  2. 社員紹介
  3. 社員紹介 Y.HORIKOSHI